2013年9月17日

駒の損得だけで指す将棋プログラム


ランダムな駒の動きを眺めてもつまらないので、
駒の損得で指し手を選択するようにしてみました。
単純に、王>>>飛>角>金>銀>桂>香>歩と重みづけして、成駒なら価値2倍。
評価値が横並びの場合はランダム選択。




2手読み同士。
駒を獲得しようと動いたり取られまいと避けたり、一応思考っぽい動きになっています。
駒の損得がないうちは、評価値が変わらずランダムな指し手となるので無意味な手が多い。







後手が3手読み。100%角先を空けてきます。
何だか人っぽいなあと最初感心していたのですが、
実は3手先で歩を獲得できるから、単に駒の損得で動いてただけですね。




3手読み同士。
後手の受けが悪いせいか、先手が連続王手で詰みに持っていきます。




3手読みv.s.4手読み。4手読みが遅いので3倍速にしてます。

読みが深い方が確実に勝つようです。
しかしいくら読みを深くしても、対人にはとても適わないような気がします。




4手読み同士。3倍速。

駒の損得だけでなく、局面をより正確に評価すればもっと強くなるのでしょう。
既に強すぎるフリーソフトが存在しているので、将棋ソフトを開発する気はないですが
どうすれば強くなるのかなど、考えだすと面白そうではあります。







0 件のコメント :