2013年9月15日

ランダムで指す将棋プログラム

指し手を乱数で決める将棋プログラムなら、3,4時間程度あれば書けるだろう・・・
と思い、試しに書いてみました。



C#で書いたのですが、約9時間もかかってしまいました。
不慣れな描画をggrながら書いたせいもあるでしょうが、納得のいく処理速度ではないですね。





二歩禁止、打ち歩詰め禁止、打てない場所の禁止に対応して、366行17761文字。
描画とコメントを除いたとしても、250行もあります。

ソースも時間も、もっと短く書きたいものです。


 (2013.09.17追記)
敵陣から駒を引いたときの成の可能性が抜けてました。259行目。

0 件のコメント :