2011年11月15日

OpenGL ES 2.0 test2(for Android)

処理能力を確認するため、ポリゴン数の多いオブジェクトを表示する。
※動画キャプチャの都合上、端末(SC-01C)で遅回しして編集で早回し


これでポリゴン数380。
60fpsを下回ってるので、既に処理能力の限界に達している事が分かります。
ただ高速化の手法は使ってないので、実際はもっと処理能力を高められるはずです。
 
当初は数万ポリゴンのオブジェクトを作成したものの、定数データが多すぎてコンパイルエラー。
これはAndroidというより、Java自体が65,536バイト以上の定数データを扱えないようです。
1000ポリゴン程度でもこの上限に引っかかるため、ちょっと複雑なオブジェクトになるとソースにデータを直接埋め込むようなお手軽方法は使えない、という事になります。


0 件のコメント :